【レポート】11/22(月) スマートワークセミナー

” 電子契約の基礎 ” を開催しました

コロナ禍対応を契機としてテレワークの実現・働き方改革への関心の高まりとともに、令和4年1月の電子帳簿保存法の施行が近づいていることもあり、本セミナーには90名を超える方が参加されました。
今回のセミナーは、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)から講師をお招きして、「電子契約とは・メリット・法的根拠・技術動向・導入事例」等についてご講演いただきました。

前半の講演内容(メリットと事例)
電子契約のメリットやクラウドでの電子契約を活用した事例、EDI(Electronic Data Interchange:電子データ交換)・EC(Electronic Commerce:電子商取引)・電子契約との関係についての紹介。

後半の講演内容(法令・技術編)
情報セキュリティ(Confidentiality:機密性・Integrity:完全性・Availability:可用性)への対応や電子署名の仕組み、電子帳簿保存法や電子署名法との関係、トラストサービスの現状と今後の動向についての詳しい説明。

なお、本セミナーの聴講者のなかで使用された資料をご希望される方は、下記URLの「JIPDEC デジタルトラスト評価センターへのお問い合わせ」へ、その旨お申し出ください。
 https://www.jipdec.or.jp/itc_inquiry.html

●開催内容・プログラム


日  時:令和3年11月22日(月)13:00~15:00
開催形態:オンライン(Zoomウェビナー使用)

1. 13:00~ 松島理事長あいさつ

2. 13:10~ 講演(前半)
 「電子契約の基礎」~メリットと事例~
   講師:JIPDEC 高倉 万記子 氏

3. 13:50~ 講演(後半)
 「電子契約の基礎」~法令・技術編~
   講師:JIPDEC 高倉 万記子 氏

4. 14:50~ 質疑応答

 

●講師紹介


高倉 万記子(たかくら まきこ)
 一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC(じぷでっく)
  デジタルトラスト評価センター 主査

プロフィール:
 一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)にて、電子署名、
eシールなどのトラストサービスの普及啓発を担当。

 

セミナーの様子


松島理事長あいさつ
講演のスライド
講演の様子

 


主催:岐阜県IoTコンソーシアム
共催:ぎふIT・ものづくり協議会、岐阜県スマートワーク推進ネットワーク